『日向子(ひなこ)うまれた』

 「おひさま」真央ちゃんが女の子を産んだ。助産院でイキむシーンが5分ぐらい続いたんだが、旦那役の健吾より確実に心配した。なんでオレまでイキむんだと馬鹿馬鹿しい思いにかられながらも、無事産まれたときには涙が落ちた。月曜の朝からなにやってるんだ。でもこれ観ないと週がはじまらないし。
 出産祝い持って真央ちゃんとこへ尋ねようと思うけど、すでに現場はなかり先のシーンに行ってると思うので「は?」と言われるのがオチである。忙しそうだし、しばらくは朝8時にお顔を拝むことにする。

IMG_0317.jpg
 うまれたぞ 



『夏までに論』

 ヒロミさん、NHKホール観てきた。キレまくってたなぁ。
 雑誌「TARZAN」やってたころ、『夏までに…』シリーズというのがあって、…逆三角形にとか、…6パック腹筋にとか、最近では…細マッチョとか伝統は続いているみたいだが、そもそも夏を目指すならせめて半年前から準備しないとかなりムリめなテーマであることだけは言っておく。
 たとえばー5kg。これを1ヶ月で達成すると半年かけて達成するのとでは皮下脂肪のたるみ加減に大きく差が出る。ゆっくりじっくり落とせばゆっくりとボディラインに馴染み、急激に痩せれば皮下脂肪はビヨーンである。
 郷ひろみに限っては太る痩せるは論外で、60本のステージをこなすために食べて(肉体を)つくって、当たり前のようにステージで消費する。何十年間も怠らない準備が今日のステージに輝きを添える。御歳55歳。説得力にもホドがある。
 ここ2、3日涼しいからといってにわかジョギングをして、この夏勝負をキメようなんて思っている方がいたら、即お止めを。来年来年、それ目指してひと月続いたら、それでも達成率50%ぐらいの気持ちでゆっくりと夏を目指せ。
 ダイエットでもシェイプアップでもビルドアップででも、即効性を求めるからダメになる。それまでやっていない肉体が急な変化に耐えられるわけがない。ついでに禁煙も。
 オレ、もちろん来年メザシ、この夏はビールを控えるにとどめる。

IMG_2075.jpg
 オルガンのオムライス 郡上地味噌デミグラス バツグンうまい



『東京のよる』

 友人とメシ食いに行くかということになり、何食う?という流れで、そーだなークルマだから飲めないし、土用の丑の日だからうなぎ食いに行こかということになったが、東京で美味いうなぎ食わせてくれるとこは一軒しかないし(当社比)、平日でも満席だからたぶん無理だろと睨み、丼ぶりつながりで親子丼はどうだ!と提案したら全員一致の大賛成となったので、早速、親子丼目がけて下町へ激走した。(※全員一致とありますが、俺とそいつ、ふたりだけです)
 1760年創業、人形町の「玉ひで」もいいが、対抗馬的な店はないかと探していたら、ツレが「たしか湯島天神にあったで」とヒントをくれたので、なんとかケータイで調べ上げ、「鳥つね」という店ののれんをくぐった。
 「鳥つね」やるわい。あれ、「玉ひで」のお客さんに内緒ですり替えて出したらどんなリアクションするんだろ。”なにコレ、いつもと違う味じゃない、んもうー…でも、ありかも。ってゆーか、味変えたのかしら。ダメダメ、それじゃのれんが泣くわ。そーだ、いいこと考えた! いつものと、今日のコレと、ふたつの味をメニューにのせればいいんだわ、サエてるぅ〜、ア タ シ”という展開もそここそこ読める。
 いやいや、ごちそうさまでした。まさか「マハカラ」のプリンと同じ卵使ってるとは思わなかった。
美味いはずだ。あの卵だ。あのとろ〜り感だ。あのふわふわ感だ。あのじゅるじゅる感だ。
 「鳥つね」を出ると、向こうっかわにスカイツリーが見える。”見てーな””そやな”。で、GO!
 近づけるギリギリのとこまで行ってみた。とてつもなくでかくて震えるぐらい怖かった。こんなもん人間がつくるのかよ! とミムラ的にツッコミたくなった。帰り道、東京タワーが控えめに電飾をキラキラさせてた。”どーせ、ボクの時代はおわりです”って、そんなことないよ。君がいたから俺はこの街にきたんだから。10歳の夏の写真、君は俺と兄貴の間に背比べをするように映ってるだろ。俺も兄貴も背が伸びて、そして君よりも背の高い弟ができただけの話だよ。これからもよろしく。
 肌寒い夏の夜、ささやかな東京めぐり。

IMG_2232.jpg
 20世紀少年の巨大ロボットみたい こわすぎる
 



『プロペラ機、ぐらり』

 ロケーションサービスの手塚さんがシナハンのために隠岐の島に行ってくれた。シナハンとはシナリオハンティングの略でロケハンとはちょっと違う。撮影地を決め、もすこし突っ込んだところの行程である。 昔、カメラマン木村はロケハンの意味を「ロケ半分」と解釈して、マジでもう半分は遊べるものと勘違いしてバンコクロケにトロピカルグッズセットを持参したのは有名な話である。あらためて説明しておくが、ロケハンとは「ロケーションハンティング」、撮影場所の下見を意味する。
 さて、シナハンであるが、この台風の折に大丈夫かいなと心配していたら、案の定、プロペラ機が離陸直後に引き返しても一回着陸。プロペラ回したまましばらく待機ののち、ぐわんぐわん機体を上下左右に揺らながらどうにか島にたどり着いたらしい。
 そんな話を聞いてるだけで具合が悪くなったので、肝心のシナハンの報告は後日、ということにしてもらった。飛行機嫌いを自負している俺だが、人が乗った飛行機のあれこれを聞くだけで気持ち悪くなってしまうとは重症だ。10月までに2回は隠岐の島に飛ばなければならんというのに、俺だけフェリーか高速船にすっか。といいつつ、5年前に石垣島から波照間島までの高速船でQeeen聞きながらゲロ吐いた覚えがある。ありゃ揺れる、かなりドSに揺れる。
 なんとか電車かバスで行けんもんかね、隠岐の島! でもそれが島の良さってもんか…


IMG_0338.jpg
 ぺろっ



『深夜の学校』

 忘れものをして深夜2時半の事務所に入った。事務所といっても旧中学校である。リアル肝試しである。しかも台風である。頼むから廊下に電気ついててくれっ……NOぉ〜 せめてどっか事務所に灯りが点っててくれ……NOぉ〜  
 なんだよなんだよ、いやなんだよこえーのは…廊下しーんっっっ、階段しーんっっ、しかも外灯のせいで影がついてくる。ヒタヒタヒタ。3階、やっと階段の電気を点ければいいことに気づく、が、緊張でどこにスイッチあるかわからん。影が俺を覆う、やめろカゲ、ドツくぞ! だめだ、迫力ない。
 事務所前、また緊張、鍵穴にうまく入らない、まるで中3の夏のようだ。もうヤだ。泣く。腹いたくなってきたけど学校の便所じゃ無理。246のコンビニで便所借りて、申し訳ないからBio買って帰る。
 情けない一日の終わりだったわ。なんで49にもなってお化け怖いんだろ、ってゆーかお化け会ってないし、勝手にお化けシチュエーションに追い込んでるだけだし。今の事務所好きだけど、そこが泣きどころ。学校って、陽のあうるちはなんだかんだ青春イメージ全開なのに、なんで夜はお化けなんだ。でも「お化け」ってかわいい名前だなぁ。って家に帰ってちょっと余裕でました。

IMG_0340.jpg
 ねこもカンジだして…




2011/07/25

『日向子(ひなこ)うまれた』

2011/07/24

『夏までに論』

2011/07/22

『東京のよる』

2011/07/21

『プロペラ機、ぐらり』

2011/07/20

『深夜の学校』
このサイトに掲載のイラスト
写真・文章の無断転載を禁じます

Copyright © 2001-2010 MaroonBrand