『星野ジャパン』

 五輪はいつだって前半戦は日本選手が活躍する水泳とか柔道とか体操がメインになるので盛り上がるけれど、後半戦はまったく歯が立たない陸上競技や球技種目が多く、茶の間の関心もイマイチとなることが多い。今回もまたそのジンクスは破れず、星野ジャパンの失速、男女バレーボールの惨敗など、テレビをつければ舌打ちしてばかりであった。そんな下降気味の後半戦をなんとか盛り上げようと得意のマラソンでというはずだったが、ご存知のように今回は男女それぞれ1名ずつが欠場し、特に女子では野口みずきがスタートラインに立つことなく五輪を終えた。
 陸連はなにをしているのか。どんな選手管理をしているのか。選手の状態を少しも把握していないではないか。仮にも五輪だ。選手ひとり参加させるためにどれだけのプロジェクトが組まれどれだけの予算が投じられているのか知らないわけじゃないだろう。レース直前になって急に欠場を表明したところで補欠が間に合うはずがない。出場選手が3人から2人となれば、参加選手の精神的負担も大きくなるに決まっているではないか。
 土佐礼子の悲痛な顔を見たか。あれには野口欠場による心理的圧力があったのかもしれない。あのまま走り続けていたら土佐の脚は二度とレースができないようになっていたのかもしれない。そあのアクシデントが野口欠場と無縁であったとしても、国民の関心は土佐や中村の脚に大きく注がれたことには変わらない。
 反町ジャパンはなんだ。「精一杯やった。後悔していない」ではない。良い経験とは、勝ってはじめて言える言葉で、参加しただけで良い経験など軽々しく口にするものではない。善戦であろうがなんだろうが、そろそろ「良い経験症候群」から抜け出さんか。極端な話をすればどんなにずさんな試合でもいいから勝て!強いサッカーとは、そういうものでしかないのだ。
 星野ジャパンは一体なにをやってたんだ。なんていう間抜けな投手起用をしているんだ。いくらペナントレースの最中とはいえ、ちょこっと集合してちょこっと練習して、それで金メダルなんて甘いもんじゃない。俺は戦前から獲れて銅だと見込んでいたが、それにも届かなかった。選手村にも入らず超特別扱いされた挙げ句の必死の4位だったと自負するべきだろう。
 韓国野球は明らかに日本より上だ。ジャイアンツでボロボロなイ・スンヨプが土壇場でホームランを打てるのは、国旗を背負ったナショナリズムに他ならない。口ではなく、プレーでそれを見せる韓国人には感動すら覚えた。プロ野球のレベルはいくら日本が上でも国際大会で選抜チームが勝てなければそれが答えだ。これからは韓国野球に胸を借りるつもりぐらいの謙虚な気持ちで野球に臨んでもらいたい。
 北島のダブル金などで超盛り上がるはずの五輪だったが、あまりにもお粗末な采配とずさんな管理体制でなんとも後味の悪いものとなってしまった。
 五輪オタクの俺としてはどうしても納得がいかず、倉敷の星野仙一記念館に足を運んで、星野監督の銅像に向って、岩瀬の起用法やオーダーの組み方などについてかなり本気で話してきたのであった。




頼むよ、仙ちゃん!




『飛騨牛のサガリ』

 お中元シーズンを粋にハズすことを計算の上でニシから例のブツが届いた。飛騨牛のサガリである。この春先から世間を賑わせた飛騨牛、しかも養老町のサガリであるが、こと『養老ミート』のものは文句のつけようがない。過去に井川遥と一緒に卓を囲み養老ミートを胃袋に流し込んだことがあるが、そのときの彼女の感動っぷりも大変なものであった。
 きっとこの偽装牛肉騒動で飛騨牛に関わるみなさまは大変なご苦労をされたことと思いますが、なになに、やはりひと口ガブリとやればその美味しさは比類なき極上のエクスタシー、今後も胸を張り堂々と天下の飛騨牛を世に知らしめてやってくんさい。
 世界中の野球選手に名を轟かすバット職人、ミズノの久保田氏と養老ミートを誇りに、養老町のみなさま、どうか元気で長生きしてください。
 そういう俺ですが、養老町へは小学校5年の遠足でたった1度きりしか行ったことはありません(確か帰りには長島温泉に寄った記憶が…)。
 是非また一度お伺いして、養老自慢のミートストリート(焼き肉屋とか精肉店が並ぶゴールデンストリート 命名/ニシ)にお邪魔して、その天下肉を心ゆくまで堪能したいと思います。
 あぁ、いつ実現できるかわからんが、こんな希望を持つことが生きる力になるんやね。




新幹線ではどうしても
このテの本を買って読んじゃうんだよなぁ。




『ひこうき雲』

 倉敷の空は限りなく青く、けれどそれは絶対的な夏を物語る青さではない。空にはもう次の季節が始まっていて、その青さは明らかに夏の色から秋色へと移りはじめていた。
 東京よりも青いこの空の下で夏が終わろうとしている。歳をとって苦手になった夏だけど、終わろうとする時はやはりさみしい。とりわけ倉敷の低い屋根は空を一層際立たせて、パノラマチックに僕の琴線に寂しさだけを届けるのである。
 青空に垂直に伸びるひこうき雲を見上げ、定番のユーミンの声が空に木霊する。同級生の若い死をモチーフにしたレクイエムからこぼれるかすかな希望がせつなすぎる。大きく溜め息をつきながら、大空に白く引かれた雲のはじまりと終わりをさがし、それにも飽きてもういちど空の青さだけを瞳に入れる。
 青い空だからこそ寂しい。
 そんな思いを抱いたのは、きっとこの夏も楽しかったからだろう。




青い空 ひこうき雲




『倉敷より』

 倉敷にいます。瓦屋根が連なって、建物が低くて、その分空が広く感じられる。前回来た時は29歳だった。テレビのADやってて倉敷の景観云々なんて余裕なかった。ワンボックスカー借りて一日300キロぐらい運転させられてカメラマンの後ろについて観光客を両手でふさぎながらタレントをガードした。こんなに瓦屋根が連なっているなんて気付かなかった。
 この町はどこか俺の田舎と似ている。大門町(だいもんちょう)とか金屋町(かなやちょう)あたり。どちらも瓦屋根の町だ。金屋町には刃物を研ぐ町工場がたくさんあった。ギューンギューン、学校に行く時も学校帰りもおじさんたちが白いダボシャツ着て手ぬぐい額に巻いて、ビールケースをひっくり返したその上に座布団敷いてジェイソンみたいなお面を顔に当てて鋼(はがね)を研いでた。この人たちはずっと毎日同じことを何時間やっているんだろうか、同じことを同じ場所で黙々とやって面白いのだろうかなどと子供ながらに思ったものだ。
 愚問である。それが仕事であり生活であり、そして職人である。
 倉敷の瓦屋根も、ただ黙々と仕事を続ける職人たちによって綺麗な景観をこしらえたのだろう。しかもそれは計算されたものではなく、この町の人たちの生活においての当たり前が、結果として景観に様式美をもたらしたのだ。
 倉敷に乾杯。そうやって理由をつけては、飲み屋に出陣するわけであります。




倉敷にて




『女優とカメラメンと飲む』

 ずっと可愛がっている女優がいて、そいつももう25歳を迎え立派なレディになった。恋の話も対等にするようになり、写真週刊誌に抜かれたこともしばしば。本人は至って恋愛に関してはマジメで、だからこそ逃げも隠れもせずにいつだって正々堂々と街を歩く。だから抜かれる。もちろん酒場にも出没する。そうなるとお呼びがかかる。「忙しい」と言うと、「みんな同じことを言う」とスパンと心の真ん中を射抜く。みんなと同じことがいやな俺は、忙しいけれど顔をだす。けれど女優とふたりというのもどうだろか、となるので、決まってカメラマンの笠井を呼ぶ。もちろん彼も彼女の友だちで、彼と俺も友だちで、それぞれにともだちなのだけれど、3人揃うと特別仲良しになる。
 そうなると決まって説教大会となる。ブラザートムさんから「説教をするような大人にだけはなるな」と耳にタコができるぐらい言われ続けているのに、どうしても説教と愛と正義とロックが近い感じがしてならないので懲りずに吠えまくる。
 けれどこの3人はちょっと変わっていて、10分毎に説教のターゲットが代わっていって、それぞれがちゃんと順番に説教されることになっている。誰が決めたわけでもないが、かならずそうなるから、気分としては説教のワリカンっぽくて、怒られた気がしないのである。
 終いには休みをとっていた飲み屋の主人も別の飲み屋から戻ってきて俺たちの輪の中に入り、そのタイミングが悪過ぎて、到着した途端に3人から説教の集中砲火を喰らうハメになる。
 中目に飽きたら、下馬か上野毛に行く。これが最近のパターン。
 安い値段でそこそこ上手いもん食わせるやつにはいろんな才能が宿る。工夫があるから。これが俺の研究結果。
 しかし25歳女優は酒が似合うようになった。そんな彼女にけっこう本気でウットリしている笠井がたまらなく可愛いのである。




東京の母 わかなさん





2008/08/28

『星野ジャパン』

2008/08/27

『飛騨牛のサガリ』

2008/08/26

『ひこうき雲』

2008/08/25

『倉敷より』

2008/08/22

『女優とカメラメンと飲む』
このサイトに掲載のイラスト
写真・文章の無断転載を禁じます

Copyright © 2001-2010 MaroonBrand