『ヤワラちゃん』

 昨日は伊達さんのことを書いて気持ちよくなったばかりなのに、今日はちょっと違ったことを書きます。
 ヤワラちゃんは北京に行っていいのだろうか?ヤワラちゃんは事実上の五輪選手選考会である全日本体重別選手権決勝戦で負けたにもかかわらず、決戦後まもなくして協会から発表された五輪代表女子48kg級の選手として選出された。スポーツに興味のない人にはなんでもないことかもしれないが、スポーツをしている人や関心のある人にしてみればこんな理不尽な話はない。五輪選手を選考するための試合で優勝した人が五輪に出場できないのだから。
 実績を考慮してヤワラちゃんにという協会の気持ちもわからんでもないが、だったら初めから公言すべきである。「実績のあるヤワラちゃんが戦わずして大きくリードしています。勝ったらもちろんヤワラちゃんを選びますが、彼女が負けてもよほどの負け方をしない限り、ヤワラちゃんを選びますので、それなりの試合をしてください」と。
 協会の言い分はきっとこうだろう。「たとえ今日の試合で負けたとしても、金メダルを取るためにはヤワラちゃんが必要なのだ」と。「外国選手がもっとも警戒しビビる選手はヤワラちゃんだし、もろもろ考えるとやっぱりヤワラちゃんがいちばん金メダルに近い」なんてこともきっと思ってる。さらに「ヤワラちゃんが出場しなければ視聴率的にも困るしスポンサーへの顔向け的にもちょっと…。伝説作りのための計算式からもはずれてしまうし」
 この国のスポーツはほんとうにダメだ。特にアマチュアスポーツは誰かの手のひらの上でゴロゴロと転がされている。勝っても出られない選手の気持ちはどうなる?スポーツマンの夢は平等じゃないのか?
 ヤワラちゃんは五輪出場を断るべきだった。勇気の要る決断だろうが、そうすべきだった。子供を産み、“ママでも金”を掲げてきた彼女だからこそ、そうすべきだった。ヤワラちゃんに勝った山岸選手だって人の子である。彼女のママにとっても娘の五輪出場は夢だったはずだ。それが無惨にも砕け散ったのだ。勝ったのに、全国民の前でテレビ中継される中で優勝したのに五輪に出場できなくなったのだ。凄い人だなと敬意を持っていた谷選手だけに残念でならない。
 山岸選手に次はあるのだろうか?次回の五輪予選時に絶好調だったとしても、直前で体調を崩したり交通事故に遭うことだってあるかもしれない。だからこそ選手は目の前にある戦いにすべてをかけるのだ。4年先の出場を考えながら目の前の試合を戦う柔道家がどこにいる?言っておくけどオリンピックは4年に1回しか行われないのだ。
 もちろんヤワラちゃんにもプレッシャーはふりかかる。負けて五輪に出てやっぱり負けたでは洒落にならない。かといって、金メダルを獲得したからといって、選考会で負けた事実は決して消すことなど出来ない。五輪選考会と金メダルは別物なのだ。絶対に忘れてはならないのは、五輪に行けなかった選手のことだ。
 ヤワラちゃんだけが柔道選手ではない。スター選手だけがスポーツ選手じゃない。スポーツというルールの中では誰もが平等だ。だからこそ同じ土俵の上でそれぞれが己を磨き強くなろうと精進する。強くなって大きな大会に出場することが夢なのに、今回の事件はそれを否定した。
 世界の各都市で問題を起こし続ける聖火リレーであるが、ひょっとしたらその炎の意味そのものが希薄になってしまたのかもしれない。ロンドンやパリで聖火が消えたのは、もう五輪なんて必要ないというスポーツの神のお告げなのかもしれない。



『伊達公子さん』

 伊達公子さんがコートに帰ってくることが嬉しくてたまらない。実に11年のブランクで、意を決しての復活かと思いきや、伊達さんにとっては「復帰」でも「復活」でもないらしいく、あくまでチャレンジなのだ、と。
 そんな言葉がいかにも伊達さんらしいし、言動やらなにやらで過剰演出をせず、コートの上で言葉以上のものを表現してきた彼女だからこそ、人々に感動を与えたのだと思う。
「今だからできること、やるべきこと」。その答えとして彼女はコートに立つことを選んだそうです。真剣勝負のコートに立ち、世界を目指す若い選手たちと正面から打ち合う中で、自分を確かめ、相手を刺激し、テニス界に感謝を捧げるのだと仰ってます。
 すごいわ伊達さん。思えば5年前のスポーツブランドの広告撮影の時に、ややぽっちゃり気味だったので「撮影までにほんのちょっとだけシェイプしてくれたら嬉しいな 」とお伝えしたら、撮影まで12日間しかないのに7キロ落として来てくれました。栄養士さんから食事によるダイエット術を教わって、そうそう確かトマトスープダイエットだ。12日間の悶絶エピソードとともにレシピを教えてくれて、次の日からトライしてみたけど、余計にストレスが溜まって俺には逆効果になった経験がある。
 本気なんですよ。いつだって。言葉じゃなくて、そこにいる伊達さんはいつだって本気で全力。
 それでいてなんてことない居酒屋にも付き合ってくれるのです。そこにコース料理が並ぼうがレンジでチンした手羽先が置かれようが、伊達さんはニコニコしながら乾杯してくれる。俺はあの人がほんとに好きだ。多少のファン心理はあるけれど、尊敬心の方が数段上回る。
 とにかく伊達公子がもういちどコートに立つ姿が見られることが嬉しい。全盛時のプレーなど望んでいない。テニスコートが一番似合う女性がその場所に戻ってくるだけで嬉しいのだ。
 164センチ 37歳 最高ランク世界4位 11年間のブランク。
 信じられない数字を抱えて彼女がコートに立つ。
 テニスプレーヤーのみならず、俺たちのような生き物にとっても、大きな大きな事件であり、そこから学ぶことは、きっときっと果てしなく多いだろう。



『大切なもの』 

 1年2ヶ月ぶりに顔を出した飲み屋のお母さんがとても喜んでくれた。それまでも顔をだそうだそうと気になって仕方なかったが、ずるずると1年が過ぎてしまい、気がつけば店の扉を開けるのにも呼吸を整えなければ入れないような心境になっていた。
 馴染みの店なのに、いつしか緊張する店になっていた。けれど、行かなければ、なんとかしなければという思いが不安と焦りと他にもいろんなネガティヴな要素を引き連れて複雑な思いとなり、自分で自分の正義を押しつぶすようなうな、なんだかやりきれない気持ちになった。
 店のお母さんはどんな気持ちだったのだろう?不安と言うよりも寂しい思いをさせたに違いない。ひょっとしたら裏切られた気持ちになったかもしれない。その店に行くのはもちろん義務ではないけれど、僕はなんだか申し訳ない気持ちでいっぱいになった。
 人生にはこんな場面が何度もある。あのとき謝っておけばとか、頑張ってればとか、そんなことだらけ。ちょっとした「ごめん」とか「こんにちは」とか「どうも」とか「ありがとう」とか、あるいは「ちがうんじゃない?」とか「俺はこう思う」とか「それは違ってるよ」とか、それがどれだけ尊くて意味のあることなのかを、過ぎた時間の中に身を置きながらひとり激しく不安になった。
 タイミングが大切なのだ。ちょっとしたことが。どうしようもならないことになる前に、タイミングを見計らい、ちょっとした勇気をだすだけで、ほとんどのことは必ずなんとかなる。何事も早期発見早期治療が大切なのだ。
 指折り数えて行きつけの飲み屋を確認してみた。優先順位はあるものの、店の数は両手両足の指だけでは確実に足りない。加えてお世話になった人、会いたい人、手紙を書きたい人、声を聞きたい人、ほかにももっといっぱい。
 日々の暮らしに謀殺されていることを理由に、大切な何かをなくなさいように、今までの僕を支えてくれた人や場所を想ってみた。いい歳になったのだから、自分の中の大切なものだけは、これからももっともっと大切にしていきたいと思う。



『犬のうんこ』

 犬のウンコしている姿は面白いね。「もうしわけありません、こんなところで用を足して…」ってものすごい頭を下げている雰囲気である。後ろ足のつま先を上げて足場が安定しない感じのワナワナがたまらないのだ。そしてあの視線、ほんの少しだけ目が合って、すぐ反らす。「見るなよ、見るなよ」。
 あの恥じらいは犬ではなく人間そのもの。隣でビニール袋持った飼い主にとってもものすごいいやな瞬間で、飼い主と犬との申し訳なさ気のコラボレーション具合が絶妙で妙に心が和むのだ。
 臭さを比較したら犬だって相当なものなのに、なんで犬のコウンは許されるのだろう?人間がぶりぶりしたら即逮捕なのに。いいなぁ犬。恥ずかしいだろうけど、道の真ん中で、しかも大勢のギャラリーの前で脱糞できるなんて、天下取った気分だろうなぁ。そっち系のマニアの方には夢のような光景だよ。
 そしてビニール袋に収められたらどでかい仕事をしたかのようにケツの穴を誇らし気に見せながら去ってゆくワン。
 今朝はそんな光景を3回も見た。素晴らしい一日の始まりである。



『その後のS子』

 南の国へ渡ったS子は、毎日を泣き暮らしているらしい。メールでは元気を装っていたが、心とは裏腹の言葉を選んでキーボードを叩いていることは明白である。自分を変えたくて海を渡り、それほど簡単に変われない自分に苛立たしさを覚え、見えない未来ともどかしい日々の中でついつい涙がこぼれてしまう。
 泣けば?泣く方がいいに決まってる。堪える場面じゃない。
 涙を流すのはまだあきらめていない証拠。なんともならなくても涙を流した後には次がある。つぎつぎつぎ、「今」以外はすべて過去と未来。過去がつながって今を迎え、生きてるかぎり「今」と「次」のエンドレス。いちばん下を知れば、少し上がるだけで人生はありがたいものになる。いちばん下を知った者にしかわからないちっぱけな幸せは、きっとその人の心を豊かにする。
 がんばれS子!涙はお前の大切な味方だ。 




2008/04/12

『ヤワラちゃん』

2008/04/11

『伊達公子さん』

2008/04/10

『大切なもの』 

2008/04/09

『犬のうんこ』

2008/04/08

『その後のS子』
このサイトに掲載のイラスト
写真・文章の無断転載を禁じます

Copyright © 2001-2010 MaroonBrand