写真日記『中目黒・桜だより』代打篇:その1
   拝啓、栗山様。

   沖縄は快晴ですか?
   中目黒の桜は、土日越えてもまだまだ元気です。
   帰ってくるまで保っているかもしれません。
   夕暮れ時に小雨がパラパラ降り出したのもあってか
   人影はいつもより少ないようです。
   焼きイモ屋は相変わらずの賑わいをみせています。
   沖縄で美味しいものを食べ過ぎてお腹を壊さぬよう。


                        敬具
   平成19年4月2日 夕暮れ時の曇り空
                        フグ





写真日記『中目黒・桜だより 其の伍 昼の部』
3月30日午前11時の桜です。
人、ふえてきましたね。仕事中のはずなのに…
外国の人がいっぱい居ますね。
「ビュ−テホー」「ワンダホー」「ヤッホー」、なんでもありです。
外国人には花びらが散りはじめる頃のせつなさや儚さが理解できるのでしょうか?
目黒川沿いに来れば年中咲いてると思っていたりして。

今日は川沿いの洋食屋でチキンカツ&海老フライを食いました。
初めて入ったけど、なかなか美味しかったです。キサブローという名前の店でした。

夜7時です。そろそろ花見に出かけます。
毎日3回川沿いを歩いていますが、本格的な花見(花呑み)は初めて。
夜桜レポは来週になったら掲載します。
月曜日から石垣島と与那国島に行くので、フグにやっといてもらいます。
フグは気の効いたセリフを書いてくれるでしょうか?
お楽しみに。



祝・満開!しばらく本気で咲き続けます
ストレスある人もない人も。 誰もがみなカメラマン(ただし、ケータイで)
1度だけ入ったことのある牛のいるお店。 桜、モリモリ。
犬の目線になって。
50年前の熱海と同じじゃな。 電線のすき間にも花びらびら。
枝はないけど頑張って咲いてるぞー。
どうやら、桜よりも気なるものがあるようです。



写真日記『中目黒・桜だより 其の四』
中目黒は午前中にもう気温20℃を越えました。気持ちいいを通り越して暑いです。
昨日は飲んで帰ったので今日は電車で来ました。そこでホームからパチリ。
電車のホームというのは、誰もがみな慌てふためいていたり、
あるいは神妙な顔つきで眉間にシワをよせたりと、あまり健やかな場所ではないのですが、
桜が咲くと誰もがデジカメやケータイを持って朗らかな顔で撮影しています。
不思議なものですね。
だけど、これが桜の力というものなのかもしれません。
ナカメの桜。もうパッツンパッツンと満開の中間です。やや満開よりかな?
予想通り超満開は明日ですね。
決戦は金曜日。ナカメの夜を想像するとかなり怖いです。
目黒川沿いには見たこともない出店が50店ぐらい出没します。
人口は普段の100倍位になるのではないでしょうか?
僕らも仲間と花見大会で盛り上がる予定です。



中目黒駅ホームから。
かなり本気で咲いてきた。

   サクラサクか? サクラチルか?
酒屋さん、かき入れ時、はり切る。
ワシの人生は満開か、それともまだ7分咲き?
今は亡きオーガニックカフェ近辺より。
工事なんて、中目黒ヒルズなんて造るなよ!
いくつもある橋のうちのひとつ。
川の向こう側



写真日記『中目黒・桜だより 其の参』
今日は池尻方面まで桜並木を歩きました。2kmぐらいあるでしょうか。かなり歩きました。
桜という木は千種類ぐらいもあるそうで、一見同じに見えるソメイヨシノでも
ちょっとだけ種類が違っていたりするものなのだそうです。ちび知識です。
もう、週末を待たずに花びらがはち切れそうです。
人にたとえると中学3年の夏休みといったところでしょうか。
もうニキビ満開で鼻息全開で、どんな刺激も股間に集中して、どうしようもない感じです。
ただし、これは男子のみ。女子の中3時代は詳しく知りません。
今日は犬もいっぱい撮ったのですが、犬の巻は後日まとめてご覧いただくことにします。



中目名物赤い「中の橋」と。
桜を撮る人を撮る。 和服と桜並木。
メッセンジャーもひと休み。 素敵な母と子。
ややハイアングルより。
目黒川中心に。



写真日記『中目黒・桜だより 其の弐』
初夏の陽気の次の日の曇り空、桜は順調に育っています。
多分、Xデーを今週末に合わせているのではないでしょうか?
多分、明日あさってとグンと気温が上がりいくつものつぼみが花を咲かせることでしょう。
多分、金曜の夜はものすごい人が目黒川周辺に溢れます。
でも困ったことがあります。
綺麗な桜を見上げて賑やかにやることは良いのですが、
足元にはゴミや空き缶がいつもよりも飛躍的に増えてしまうからです。
目黒川沿いの住人たちは、この季節、お祭り気分も最高潮ですが、
ゴミ拾いをはじめとする街の美化運動にも精を出します。
どうかそういうことを分ってくださいね。特に大人の人は。
さっき、タレントの神無月が石原良純の真似をしながら目黒川沿いで撮影していました。
きっとお天気レポートにまつわる話と桜をひっかけたお笑いの撮影だと思います。
桜と云えば目黒川。
世の中ではそういうことになりつつあるのでしょう。
うれしいです。

それでは、本日午後5時15分の桜です。




やきいも屋登場。春なのに。

育ちの早い桜の花はすでに満開。

目黒川全体は、まだこんなもの。
 早熟の木々はざっとこんな感じ。
夜桜を盛り上げる裏方さん。

ちょうちんの中を覗き撮り。
 最近よく行く鳥鍋屋。
そういうことです。




2007/04/02

写真日記『中目黒・桜だより』代打篇:その1

2007/03/30

写真日記『中目黒・桜だより 其の伍 昼の部』

2007/03/29

写真日記『中目黒・桜だより 其の四』

2007/03/28

写真日記『中目黒・桜だより 其の参』

2007/03/27

写真日記『中目黒・桜だより 其の弐』
このサイトに掲載のイラスト
写真・文章の無断転載を禁じます

Copyright © 2001-2010 MaroonBrand