『花粉ショー』

 やっぱ今年も花粉症に負けた。2年間で35本も注射射ってるのにさ、今日グズグズだった。今日の収穫はおいしいハンバーグ食わしてくれるcafe見つけたこと。鼻水ずるるだったけど感激した。バーローかふん!


IMG_1242.jpg
映画P甲斐ちゃん。こころ落ちつくひと。



『写真』

 前からお手合わせ願いたかった写真家の秦淳司さんとようやくご一緒することができた。媒体を通して人の作品を素敵だなぁと思えること自体、自分にまだクリエイティブな気持ちが残されているのだなとちょっと安心した。
 前日には渡辺達夫さんの濡れるような写真に触れ、おぉっと思い、昨日はレスリーの写真展のレセプションに行ってまたおおっ。そこに、ここしばらくで写真家としてグイと存在感を際立たせてきた松田美由紀さんがやってきてしばし談笑したが、写真という表現の底力にあらためて心震わされるこの頃なのである。
 いつまでたってもバカチョンしか扱えない幼稚なオレが言うのもなんだが、写真を通してというか、ファインダーを覗くだけでなにかを学び探求するような感覚にとらわれるのはなぜだろう? 表現の手前段階で、「自分ならば」という自意識がそうさせるのだろうか? なんて面倒くさいことはヨシとして、写真っていいな。ということと、写真を撮るっていいな。ということと、誰かが撮った写真もいいな。ということと、やっぱ一流カメラマンの撮る写真は素敵だな。という小学生並の感想が書きたかっただけです。


IMG_1256.jpg
レスリーのレセ。盛り上がってます。



『衝撃の試写会』

 仲良くさせていただいている女優さん主演の試写会を編集者MとカメラマンRとともに観に行ってきた。女の痛みと哀しみと強さなんかが入り交じったかなりヘヴィな内容で、腰抜けのオレたちは逃げ出したくなるような衝撃的なドラマだった。
 少女だったあのコがショッキングなラブシーンを演じていて、思わずシャツの袖を噛んでしまったが、ラストシーンでは彼女迫真の女優魂に感動して涙してしまった。
 彼女が大人になってゆく嬉しさ混じりのさみしさと劇中のラブシーンのやりきれなさから、オレたちはヤケ食いに走ることを決意し、懐かしの中目(といっても離れてわずか10日)の某アジアンテイストの焼き肉店で、タン塩、カルビ、ハラミ、焼酎をヘビーローテーションして腹も脳みそもぐでんぐでんになってしまった。
 それにしても女という生き物の偉大さをまざまざと見せつけられた映画だった。
 帰り際、仲良く並んで信号待ちするおすPさんの後ろ姿が可愛かった。
 

IMG_1246.jpg
ひかりとかげ。人も人生も。



『頭の中の引き出し』

 4時半起きで鹿嶋までクルマで走り撮影をしてクルマで広尾まで戻り撮影してデザインして原稿を書いて気がついたら爆睡していた。引っ越し疲れか知らんが、無意識的なダウンをしたのはあまり記憶にない。カラダがついていかなくなったと軽い嘆きを入れてみたところで…
 話は変わる。以前から思っていたことだが、頭の中にはどれだけの引き出しがあるのだろう。
鹿嶋までの道すがら、なんてことない景色を瞳に入れるだけでどこか懐かしさとリンクする。昔、どっかで見たことのある景色でもなんでもないが、なにかにつけて想い出を辿り、そして何かが心におちる。すべては頭の、記憶の中の引き出しが勝手に開き、ファイルをみつけてはオレのどこかを刺激する。
 こういうことが「長いこと生きてると…」的なことなのだろう。
 引き出しが勝手に開かれるとなぜか嬉しいのは、想い出を大切にしているということになるのだろうか…。
 おやじの命日。28年の日。次男、48歳と7ヶ月なり。

IMG_1235.jpg

海岸沿いのハウススタジオ。プールを見て女優は「まさか…」と青ざめた。



『春の足音』

 某電鉄会社の車掌さんを務めたKさんが会津に帰ってしばらく。週末に、元気かなーとぼんやり思いをよぎらせたところ、ついさっき、昼メシどきに世田谷公園の前を歩くKさんを発見!
 「Kさん、なにやってるの?」と尋ねたところ「いや、引っ越したことをNIKKIで知って…」
 それでわざわざ? オレ、これから仕事で出掛けることろなんだけど…。つまり留守にするんだけど…。
 Kさんは、それでも構わないのダと。勝手に来たのは自分なのだからダと。引っ越し先を見られただけで満足なんダと。ダ、ダ、ダ、の連発はありがたいが、大変に申しわけない思いも深く…
 けれど、心に傷を負って実家に帰ったKさんが、こうして突然に東京へやってきたんだ。これを心の春と呼ばずになんと喩えよう。そう、いろんな人にヒタヒタと春は確実に近づいているのだ。
 まだまだダウンやコートは手放せないが、鼻をくすぐりだした花粉の調べも春の訪れのあかし。こんな日にはウクレレで『なごり雪』なんかを弾いてみる。すると、あんなに吹雪いた先週末さへも懐かしく感じてしまうではないか。
 人生、なんだってなごりがあるから始まれる。いくつものなごりが、また新しい想いをこさえるのだ。そしてそろそろ、春が来る。
IMG_1233.jpg

髪の毛、春用です。ユキちゃんありがとう。




2011/02/26

『花粉ショー』

2011/02/25

『写真』

2011/02/24

『衝撃の試写会』

2011/02/23

『頭の中の引き出し』

2011/02/21

『春の足音』
このサイトに掲載のイラスト
写真・文章の無断転載を禁じます

Copyright © 2001-2010 MaroonBrand